「ここっと」で心の花メソッド研修を行いました | ハートサインダンス教室シロツメクサ - 手話パフォーマンスで心を伝えよう!さいたま市中央区で開講中

もりかずえ公式ブログ「心の花」

「ここっと」で心の花メソッド研修を行いました

ホーム  >  ブログ  >

この度児童発達支援、放課後等児童デイサービスの事業所「ここっと」(川崎市)が誕生!
開設にあたって「職員みんなの気持ちを一つに支援していきたい!」ということで
「心の花メソッド研修 はじめのいっぽ」をご依頼いただきました!

2時間余りの研修でしたが
皆さんの表情が徐々に変わってきて、深く大きなうなづきもたくさんあって…
最後に(これから施設を利用されるお子さんの)事例を話し合ったときも皆さんの心の中に「みんなでやってみよう!」という意思が感じられました。さぁ、これからがチームケアの始まりですね。

何度もお話させていただきましたがどんな障害があろうとなかろうと、利用者さんと支援員の関係だって、それこそ職員さん同士の関係だって
「人と人とのお付き合い」ということなんですよね。
なのでなんといっても一人一人の「人間力」が大切になってきます。

現在進行形でハートサインダンス®︎講師資格の学習をしている施設長である新田さんが選んだ職員さんたち。
皆さん優しい目の温かい人たちでした。きっと皆さんで考えながら一歩一歩前進されていくことでしょう。

これからスタートされる
「ここっと」が地域に根ざして愛される事業所に、そして利用者様やそのご家族にとってもホッと心温まる場になりますように。心より願っております。

皆様のアンケートを一部ご紹介させていただきます。

✳︎「心に障害はない」ということ、改めて言葉にしてインプットできました。日常支援に囚われてしまうと知らず知らずのうちに色眼鏡で見てしまうことがあることも頭の隅に置いて「信じて待つ」を続けられる人になろうと強く思います!

✳︎とても明るく楽しく、心に伝わる話でした。いつもご機嫌な私でいられる何かを探して実践することで周りの人を笑顔にしたいです。

✳︎「心に障害はない」という言葉が一番印象的でした。表現としてこちらが確認できないこともあるかもしれないけどそれが「気持ちが無い」とイコールではないと改めて思いました。
相手の息遣いや目の動きなどもしかしたら重要なサインがあるのかも知れないと感じました。

✳︎心の花メソッド三原則の大切さ。
生活年齢で接すること。
人と人とのお付き合い。
心に障害はないということ。
など、とてもわかりやすく障害児、者支援についてのポイントを教えていただいて、ここっとの皆と共有できて本当に良い勉強になりました……

この他にもたくさんのご感想をいただきました。ありがとうございました。

研修終わりに皆さんと撮影した写真を
早速神棚の下に飾ってくださったとのご報告に「行ってよかったな、何か一つでも心に残る話が伝われば…」と改めて思いました。

この度は心の花メソッド研修のご依頼をいただきましてありがとうございました

お問合せ

お問合せやレッスンのお申込みは、講師もりかずえまでお気軽にご連絡下さい。